宮崎駿 いい意味の社会主義 美輪明宏 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

宮崎駿 いい意味の社会主義 美輪明宏 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
引退宣言を撤回し、「君たちはどう生きるか」での復帰を発表した映画監督の宮崎駿(80)。2度にわたり宮崎作品に出演した美輪明宏氏は、「表現者としての性(さが)」を感じたという。/文・美輪明宏(歌手・俳優)

語り部・美輪明宏

美輪さん

初めて宮崎さんにお会いしたのは映画「もののけ姫」のアフレコです。スタジオに宮崎さんがいらして、録音をはじめる前にお話をしたら、ずいぶん意気投合しましてね。当時の時事問題から、古代の文明、近代の文化まで、あらゆることに精通していらっしゃる。そうした知識が作品の血肉になっているのだと、感心したことを覚えています。

その場で、私が演じた「モロの君」という犬神の役についても意見交換しました。宮崎さん曰く、モロはいわば観世音菩薩とのことでしたが、観世音菩薩はただ優しいだけの慈悲の神様ではありません。救う相手の姿に応じて千変万化の相となり、ときに不動様のような忿怒の形相を見せることもある。そして、男でも女でもない、性を超越した存在です。そんなお話をして、宮崎さんがなぜモロ役を私に依頼してくださったのか得心がいきましたし、「ふだんの美輪さんのままで」と言っておられたので、そのように演じました。

ただ、物語の終盤、モロが猪神の乙事主おつことぬしに対して「もはや言葉まで無くしたか」と言葉を投げるシーンがあるでしょう。台本だけでは、モロの感情がつかめなかった。祟り神になりかけ、理性を失った乙事主を敵として成敗したいのか、あるいは慈悲で包みたいのか。どんな意図で脚本をお書きになったのか質問すると、宮崎さんはにやりと笑って「遠い昔、モロと乙事主は良い仲だったんです」とおっしゃった。そのひとことですべてを理解しました。モロの胸の中では、かつて愛しく思っていた乙事主への憐憫、青春時代の残景、しかしそれとこれは別だという戒めの気持ちが複雑に絡み合っている。それに気づき、「わかりました」と言って演じたら、1度のテイクでOKでした。頬を緩めて「たいへん結構でした」と言ってくださりました。

宮﨑駿

宮崎駿

ちょうどその頃、宮崎さんの仕事場にお邪魔したことがあります。三鷹にある、草木に囲まれたスタジオで、宮崎さんをはじめ何十人ものスタッフの方々が仕事をしていました。よく見ると、この人はデッサン担当、この人は色付け担当、と役割が分かれていて、なにからなにまで緻密に計算された全体作業を宮崎さんが統率しているんです。けれども独裁政権ではなく、すべての人が平等。みなさん一人ひとりが同じ力関係で、宮崎さんが掲げる理想に向かって突き進んでおられる。スタジオジブリでは「いい意味の社会主義」が実現しているのだと感じました。

この続きをみるには

この続き: 822文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。