蓋棺録<他界した偉大な人々>
見出し画像

蓋棺録<他界した偉大な人々>

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。

★一龍齋貞水

講談師の六代目一龍齋貞水(いちりゅうさいていすい)(本名・浅野清太郎)は、若いときから講談界のホープとして期待され、講談の隆盛のために奮闘した。

2002(平成14)年、人間国宝に認定されたとき、「ちょっと困った」という。まだ62歳、これからだと考えていた。しかし、「これを機会にもっと挑戦しよう」と気持ちをすぐに切り替える。

1939(昭和14)年、東京の湯島に生まれた。父親は浅野宇晴と名乗る日本画家で、毛織物問屋の長男として生まれたが趣味人として生きていた。花街の「三味線の音が聞こえてくる」家で、父親の影響を受け、幼時から芸事に親しむようになる。

中学生の頃には講談に夢中になり、都立城北高校に入学して間もなく、父が懇意にしていた四代目邑井貞吉のもとに出入りした。ある時、余興で学生服のまま高座に上り『徂徠豆腐』を演じると、もう講談以外は考えられなくなる。

すぐに邑井に入門を願い出るが、「俺は弟子はとらない」と断られ、かわりに五代目一龍齋貞丈に紹介してくれた。貞丈は貞春の名をくれたが、稽古はつけない主義だった。そこで老大家の木偶坊伯鱗や桃川燕雄のもとに通い、その足で本牧亭に回って新しい演目で前座をつとめる。

そんな毎日を続けているうち、「貞春は若いのに誰も知らない演目をやる」との評価が生まれた。60年ころにはライトや音響を加えた「立体怪談」を試み、なかでも『四谷怪談』は「ぞっとする」といわれて評判になった。

66年、真打に昇進すると同時に六代目貞水を名乗る。最初、師匠の貞丈は「まだ若すぎる」と心配したが、「まいいや、貞水になってしまえ」と許可し、盛大な襲名パーティを開いてくれた。

73年、女性講談師天の夕づるの「ポルノ講談」に始まる講談協会の内紛では、独特のスタンスを貫いた。伝統派は「講談組合」を結成し、是認派は「日本講談協会」に結集して対立する。貞水はポルノ講談を認めなかったが、講談師の付き合いは続けた。

75年、『鉢の木』で文化庁芸術祭優秀賞を受賞する。この演目は伯鱗から「自分流に変えない」という条件で受け継いだもので現代語が出てこない。それを見事に演じた貞水への評価は高かった。

人間国宝と認定されてからは、ジャズダンサーとのコラボを企てあっといわせた。またヨーロッパでの講談ツアーを敢行してファンを驚かす。「ヨーロッパ公演は講談の魅力を再発見するいい契機になりました」。

(2020年12月3日没、肺炎、81歳)

★ディエゴ・マラドーナ

ディエゴマラドーナ20100615BN00096

アルゼンチンの元サッカー選手ディエゴ・マラドーナは、奇跡的なプレーによって「神の子」と呼ばれた。

1986年、ワールドカップ・メキシコ大会準々決勝でのこと、ゴール前でマラドーナの左手にボールが当たってゴールに入る。審判はマラドーナのハンドが見えずゴールと判定。抗議はあったが、その4分後にはドリブルだけで5人抜きをやって、そのままゴールし勝利をもぎとる。世界中がいっせいにマラドーナを称賛した。

60年、ブエノスアイレスの貧民街で生まれる。父親は貧しい労働者だったが、マラドーナは幼い時からサッカーがずばぬけてうまかった。彼を中心とした少年チームの試合には、遠くから見に来る大人も多かったという。

最初にマラドーナが世界的に記憶されたのは、79年に日本で開催されたワールドユース大会で、アルゼンチンに優勝をもたらした時だった。82年のワールドカップにも出場したが、この時は相手の選手にケリを入れて退場させられている。

その後、イタリアのSSCナポリで大活躍するようになり、ワールドカップでは母国アルゼンチンを86年に優勝させ、90年にも準優勝に導いた。特に86年は、英国にフォークランド戦争で敗北して間もないこともあって、国民にマラドーナへの宗教的崇拝すら生まれた。

しかし、91年、コカインの陽性反応が出てナポリを解雇され、アルゼンチンに帰国すると激しい非難が待っていた。94年にワールドカップのアメリカ大会に参加するが、第二戦が終わった直後、ドーピングテストでエフェドリンが検出されてしまう。その後、97年、37歳の誕生日に現役引退を宣言した。

2008年、アルゼンチン代表のパシーレ監督が辞任したとき、名乗り出て後任に就任する。ワールドカップ・南アフリカ大会の南米予選では、ベネズエラ戦を4対0で勝利して喝采された。しかし、ボリビア戦では高地対策をしなかったため、1対6という惨憺たる敗北で国内の批判を浴びた。2010年夏には監督を解任されている。

以降もいくつかのチームの監督を務めたが、スキャンダル的な話題が先行し、結果を出せなかった。しかし、86年の「5人抜き」について聞かれると、生き生きとした表情で語った。「あれは俺の一番素晴らしいゴールだった。自信と確信をもってゴールに向かったのを今も思い出す」。

(2020年11月25日没、心不全、60歳)

★有馬朗人

元東京大学総長の有馬朗人(ありまあきと)は、原子核物理学で世界的な評価をうけ、俳人としても広く知られ、文部大臣と科学技術庁長官を兼務した。

1988(昭和63)年、新聞記者に「俳句は余技だから楽しいでしょう」と聞かれて、「俳句でもスランプのときは苦しい。本業の物理だって楽しいことは多い。極端にいえば人生だって余技みたいなもの」と答え物議を醸した。

この続きをみるには

この続き: 1,940文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。