文藝春秋digital
桑田佳祐 ボウリングで復活 矢島純一 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

桑田佳祐 ボウリングで復活 矢島純一 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
2010年、54歳の時に食道がんの手術を受けた桑田佳祐(65)。彼の復活の裏には、少年時代から続く「ボウリング愛」があった。交友を続ける矢島純一プロが語る。/文・矢島純一(プロボウラー)

語り部・矢島純一(写真左側

矢島さん

50年近く前のことです。パシフィックホテル茅ヶ崎にボウリング場が併設されていて、そこに通っていた桑田さんのお父さんと知り合いになったんです。佳祐くんはまだ中学生か高校生だったのですが、お父さんに連れられて来ていました。

それからまた、二十数年前のことです。六本木のジャズクラブのママさんから、「サザンの桑田さんが会いたいと言ってるから、純ちゃんも来ない?」と電話があった。行ってみると、「子どもの頃、人垣の後ろから純さんが投げるのを見てたんです」って懐かしそうに話してくれた。もちろんサザンの存在は知っていましたが、あの桑田さんの息子さんがサザンの桑田さんなんだって、実はこの時初めて知ったんです。

手術後、元気がなさそうだったので、還暦祝いにボール、バッグ、シューズを贈りました。そしたら1週間ぐらい経ち、「ボールを開けてくださいよ(手の形に合わせて指の穴を開けること)」とやって来て、3、4ゲーム投げて帰りました。

それをきっかけに、ボウリングで体を動かすようになってから調子がよくなり、声も出るようになった。コンサートに行くとスゴイですよね。「ひとり紅白」の時は3時間半で50曲以上休まず歌い切る。なのに、終わって楽屋挨拶に行くと「純さん!」って、いつもと変わらない調子で駆け寄って来てくれる。

桑田佳佑(写真右側

桑田佳祐

この続きをみるには

この続き: 204文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。