【アーカイブ動画】宮台真司×先崎彰容「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【アーカイブ動画】宮台真司×先崎彰容「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」

◆宮台真司×先崎彰容 初交錯!

文藝春秋digitalは、11月24日(水)19時〜、社会学者の宮台真司さんと批評家の先崎彰容さんのオンライン対談イベント「“劣化社会”日本に処方箋はないのか? 先崎彰容の令和逍遥 Vol.3」を開催します。

トランプ現象やブレグジット、近年では新型コロナウイルスの感染拡大への対応などポピュリズム政治の問題点が浮彫りになっています。かねてから「剝き出しの個人」による「デタラメの民主制」を批判してきた宮台さん。SNSが生み出す、情緒的な民主主義をポピュリズムとして批判する先崎さん。先日行われた第49回衆院選、そして来年に予定されている第26回参院選における日本政治の“難点”は何か――初対談のお2人が語り合います。

日本社会の直面する中間層の没落や地域共同体の崩壊にどう向き合うべきか。お2人はそれぞれの形で「共同体」を重視しています。宮台さんの提唱する「共同体自治」、あるいは先崎さんの考える「中間集団」の役割とは何か。論客2人によるオンライン対談、ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、アーカイブ動画の配信があります。本記事の有料部分にアップしますので、何度でもご覧いただけます。

◆イベント概要

イベント名:“劣化社会”日本に処方箋はないのか? 先崎彰容の令和逍遥 Vol.3

出演:宮台真司、先崎彰容

日時:11月24日(水)19時〜20時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆問い合わせ

文藝春秋編集部
メール:s-yamashita@bunshun.co.jp

◆アーカイブ動画視聴リンク

〈視聴URLはこの下にあります。「文藝春秋digital」会員(月額900円)の方のみご視聴頂けます〉

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。