見出し画像

同級生交歓 京都教育大学附属京都中学校・高等学校 昭和56年卒

文藝春秋digital
人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

【タテ2】

京都府京都市 京都教育大学附属高等学校にて(撮影・三宅史郎)

(右から)
京都青果合同代表取締役社長
内田隆
衆議院議員
前原誠司

内田隆さん(以下、ウッチャン)とは中学・高校の同級生です。ちなみに、私が1浪したため、京都大学ではウッチャンが1年先輩に(笑)。中高では同じクラスになったことがなく、高校ではウッチャンが軟式テニス部、私が硬式野球部だったので、さほど接点はありませんでした。親しくなったのは、卒業後。私が28歳で京都府議会議員の選挙に立候補する時、京都青果合同の社長をされていたお父様にご挨拶に伺うと、「同級生やから応援してやって」と援護射撃をしてくれました。今、ウッチャンには私の後援会「誠友会」の会長をしてもらっています。京都経済同友会の代表幹事も務めるなど、京都財界の中核を担っておられます。能力、人柄と申し分なく、あとは良き伴侶を見つけてもらえれば。今年、私たちは還暦を迎えますが、お互いに協力、切磋琢磨をしながら、京都を、そして日本を元気にできればと思います。(前原)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。