梯久美子さんの「今月の必読書」…『岸惠子自伝 卵を割らなければ、オムレツは食べられない』
見出し画像

梯久美子さんの「今月の必読書」…『岸惠子自伝 卵を割らなければ、オムレツは食べられない』

まるで自分自身を題材としたルポルタージュ

たった数行で、人や風景をあざやかに立ち上がらせる、喚起力のある描写。歯切れのいい文章。最初の章を読み始めてすぐ、ああそうだった、と私は思った。誰もが知るあの美貌と、女優としてのキャリアに惑わされてはいけない。この人は、「ベラルーシの林檎」「砂の界(くに)へ」を書いた、世に稀な文章家なのだ、と。

本書の著者がかつて刊行したこの2作を読んだとき、こんな本があったのか! と衝撃を受けた。舞台はパレスチナ、バルト三国、戦時下のイラン……。エッセイに分類されることの多いこれらの作品だが、実は日本のルポルタージュの名品である。

その岸惠子の自伝である。まさに巻を措く能わずで、一気に読んだ。そして思った。これは、自分自身を題材としたルポルタージュなのだと。昭和一桁生まれの日本人女性が、国境を超え、常識を破り、思索しつつ生きた軌跡が、現代史を背景に展開される。

1945年5月29日の横浜大空襲の日、12歳だった著者は、防空壕に入ることを拒否して、松の木に上る。あの暗い穴の中で死ぬのは嫌だと思ったのだ。B29の爆撃で燃える街、パイロットの顔が見えるほどの機銃掃射。だが彼女は生き残る。大人たちが入れと言った防空壕にいた人たちはほとんどが死んだ。そのとき彼女は「今日で子供をやめよう」と思ったという。

こうした人生の節目が、本書では何度か語られる。

この続きをみるには

この続き: 510文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。