見出し画像

日本の顔 原研哉

画像1

原研哉(はらけんや・デザイナー)

「直感で跳んで、論理で着地する」

理想のデザインの在り方をそう表現する原研哉(62)。「無印良品」をはじめ、企業や商業施設のブランドビジュアルを数多く手掛ける。「技術」ではなく「理」からデザインを導く。シャープペンシルで描く線は、思考の輪郭を浮かび上がらせる影のようだ。著作も数多い。

「デザイナーなのに、なぜ書く仕事をするのかと言われますが、デザインというのは、物事の本質を見つめて可視化すること。哲学者こそデザインをするべきです」

思索的な風情からは想像できない一面もある。訪れた国や展覧会で気分が高揚すると、ひょいと跳び上がり、その姿を記念に撮り溜めているという。密着したある日は21_21 DESIGN SIGHTでの展覧会最終日。

ちょっと跳んでいただけますか―。原はそんな無茶な注文を面白がってくれた。直感と論理。相反する能力を行き来して躍動し続ける理由を、垣間見る思いがした。

この続きをみるには

この続き: 300文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
noteで展開する「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。同じ記事は、新サービス「文藝春秋 電子版」でお読みいただけます。新規登録なら「月あたり450円」から。詳しくはこちら→ https://bunshun.jp/bungeishunju

文藝春秋digital

¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に配信。月額900円。(「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。今後は、新規登録なら「…

「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了しました。今後は「文藝春秋 電子版」https://bunshun.jp/bungeishunju をご利用ください