見出し画像

「受験改革で国語力はアップするか」教育改革がもたらす「ことば」の危機

1つのテーマで対論を読んで思考力を鍛えよう。このコラムのテーマは「受験改革で国語力はアップするか」です。
★対論を読む

文・紅野謙介(日本大学教授)

 この間、政府主導による教育改革が高校、大学に大きな変化をもたらしている。「高大接続改革」と名づけられたそのプランは、大学入試センターによるセンター試験の廃止と新たな「大学入学共通テスト」への切り替え、そしてそれに応じた高校のカリキュラム改革、また大学のカリキュラムや教育方法についても大胆な改変を求めている。

「大学入学共通テスト」では、「英語」の民間試験、「数学」「国語」の記述式試験が導入されることになった。スピーチの能力を測り、暗記や知識のつめ込みを前提とする1点刻みの入試を改めたいというのである。一見すると、画期的な改革案のように聞こえる。しかし、ことはそんなに簡単ではない。「英語」では目的も性格も異なる何種類もの民間試験をひとくくりに標準化できるのか。全国にいる高校生が全員、受検できる体制は整っているのか。経済や地域の格差によって受検料等の負担の度合いが異なることをどうするのか。いずれも解消されないまま、来年のセンター試験最終回を迎えることになりそうだ。

採点に1万人のアルバイト

「数学」も試行調査のテストの結果、あまりに正答率が低く改善が見込めないため、数式を中心とした短い記述式に変更されるという。それならば記述式をやる意味がないのだが、文科省はこれも記述式だと固執している。「国語」にいたっては、採点基準の揺れが予測されるため、答えを導く条件をいくつも提示して、採点しやすい設問にしてきている。それでも採点のぶれは避けられないというのが、少なくとも高校や予備校、大学で記述式試験をこれまで担当してきた専門家の見解だ。50万人以上と予測される受験生に対して、何人の採点者を配置すればいいのか。

 どんなに精緻に予測しても誤差が生じるため、必要に応じて採点基準を見直して再採点を行う、これが記述式試験の長所であり、厄介なところでもある。それを1万人のアルバイトで実施するのは途方もなくリスクの高い入試になる。記述式試験の長所を殺し、短所を伸ばすような悪しき選択がなされようとしている。ただ、大学入試センターはこの採点も民間業者に委ねる計画で、すでに入札で業者も確定したようだ。業務委託がどうもこの入試改革のポイントである。

 さらに「国語」は、これまでのような1つの問題文をじっくり読んで設問に答える形式から、文章だけでなく図表やグラフ、架空の会話文など種類の異なる複数の資料を見て設問に答える形式に変えようとしている。問題文ではなく、これからは資料と言うそうだ。さまざまな資料から複数の情報を取り出して接続し、構造化する能力を問うのだという。このスタイルは古典にも及んでいて、試行調査のテスト問題を見ると、大量の資料をパッパッと読んで瞬時に判断することが求められている。

 そのためだろう、逆に試行調査の問題には著者の意図をとらえそこねた設問や、正しいとは言いがたい解答が正答となっているケースも散見された。サンプルを作成している側がそもそも対象となるテクストの複雑な情報の正確な把握に失敗しているのだ。理念先行の改革だからである。

この続きをみるには

この続き: 1,400文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
文藝春秋digitalが送る「2020年の論点100」は、幅広い教養が手軽に身につくマガジンです。今最も人気がある100人の論者が100個の論点を明快に解き明かします。激動の2020年を生きるあなたの強い味方になる1冊です。

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

2020年の論点100
2020年の論点100
  • 101本
  • ¥1,400

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っている大学生、教養を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。