見出し画像

新連載小説「ミス・サンシャイン」#2|吉田修一

【前号まで】
大学院生の岡田一心は、ゼミの担当教授である五十嵐先生に紹介されて、昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の自宅で荷物整理などのアルバイトをすることに。見事な白梅が飾られたヴィンテージマンションで説明を受けた一心は、その後、鈴が物置に使っている部屋に向かった。

★前回の話を読む。

続きをみるには

残り 9,487字
noteで展開する「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。同じ記事は、新サービス「文藝春秋 電子版」でお読みいただけます。新規登録なら「月あたり450円」から。詳しくはこちら→ https://bunshun.jp/bungeishunju

文藝春秋digital

¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に配信。月額900円。(「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。今後は、新規登録なら「…

「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了しました。今後は「文藝春秋 電子版」https://bunshun.jp/bungeishunju をご利用ください