見出し画像

原田マハさんの「今月の必読書」…『聖母の美術全史』宮下規久朗

文藝春秋digital

彼女がいなければ誕生しなかった名作

昔も今も、世界で最も有名な女性とは誰だろう。

その名をマリア。神の子、イエスを産み育てた「聖母」である。

彼女はひとりの女性には違いないだろうが、とにかく超人的だ。男性を知ることなく妊娠した。聖霊の力によって、神の子が彼女の中に宿った。それだけでもとてつもないのだが、さらに彼女は、アダムとイヴがヘビにそそのかされてリンゴをかじった(つまり罪を犯した)ことによって、すべての人間が生まれながらに背負わされている「原罪」がない存在とされ、さらにさらに、死後は昇天し、天の女王となり、ついにはキリストの花嫁となった。人類史上、何人たりとも成し得なかったことを、ただひとり、彼女が成し遂げたのである。まさにスーパーウーマン。「ノートル・ダム(我らの女性)」と呼ばれて愛され、崇敬される訳である。しかも2000年以上もの長きに渡って。

この続きをみるには

この続き: 920文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!