新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

うちで作ろう|海野つなみ

文・海野つなみ(漫画家)

4月の半ば、新型コロナで在宅勤務になった独身の男友達に「生活どう?」と尋ねたところ、「毎日ゆっくり寝られて体調バッチリ」との返事。通勤や無駄な会議のストレスがなくなり、自炊や掃除をするようになったそうだ。

ネットでも「在宅勤務ができないので通勤しているが、電車に座れるし混雑もないので快適、このまま続いてほしい」という声が聞かれた。

その後、緊急事態宣言も解除され、また在宅勤務から通勤に戻った会社も多いようだが、上司にとっては「テレワークで部下がサボっているのではないか」という心配もあったらしい。

わかる。我ら漫画家もデジタル化した人が多く、遠くに住んでデータをやり取りするデジタルアシスタント(デジアシ)を使ったりする。

デジアシさんを頼んでいて思うのは、サボってようがサボってなかろうが、気にしても仕方がないということ。サボる人はどこで仕事をしてもサボるし、サボって時給分を請求されてもこちらはわからない。

結局、仕事が遅い人には簡単な仕事を、早い人には難しい仕事をお願いすることになる。こっちは仕事の早さとクオリティが大事で、サボるサボらないより重要なのは出来高だ。

仕事の遅い人(大体においてクオリティも低い)には仕事をなるべく頼まなくなっていく。その場合、もしかして別の仕事を頼んだ方がその人には合うかもしれない。

さてさて、そんな中、子供のいる共働きのお母さんの「いつまで続くの」という悲鳴もよく聞いた。旦那さんが在宅勤務していても、食事や子供の世話が奥さんに偏ってしまっている家庭が多い様子。

友達の漫画家ママが「もう、ごはん毎日何を作ったらいいのか浮かばない。私だけなら毎日たこ焼きでいい」と嘆くので「いっそ餃子、カレー、焼きそば、グラタン、お好み焼き、ハンバーグ、とかローテーションを決めてしまってはどうか」「週1とかで子供クッキングの日にして、その日は子供がメニューを考えて子供が作る日にするのは」などと言ってみた。

この続きをみるには

この続き: 854文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
20
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。