文藝春秋digital
大相撲新風録15 玉鷲 趣味はお菓子作り。37歳の苦労人|佐藤祥子
見出し画像

大相撲新風録15 玉鷲 趣味はお菓子作り。37歳の苦労人|佐藤祥子

文藝春秋digital

大相撲新風録_玉鷲

玉鷲たまわし(モンゴル・ウランバートル出身、片男波部屋、37歳

趣味はお菓子作り。37歳の苦労人

37歳のベテラン力士が巻き起こす“新風”もある。幕内力士最高齢の玉鷲は、今年初場所、3月の春場所と、横綱照ノ富士から連続で金星を挙げた。自身より大きな横綱を、春場所では、得意の突き押し相撲で土俵下まで押し倒し、その威力はいまだ健在。まさに“横綱の天敵”なのだ。2004年初場所で前相撲を踏んで以来、18年間、1日も休場をしたことがない“土俵の鉄人”でもある。

思い起こせば相撲経験のないまま、03年の秋に東大大学院に通う姉を頼り、19歳で来日。モンゴルではホテルマンを目指して大学に通っていたが、姉と両国の街を歩いた際に同郷の鶴竜と出会い、大相撲の門を叩く決意をした。

08年九月場所で新入幕を果たすも、5年ものあいだ、十両と幕内を往復し、実に5度もの再入幕経験を持つ苦労人でもある。花開いたのは32歳で新関脇になった17年初場所。やっと存在感を知らしめた“スロースターター”なのだ。当時、「若い学生出身力士には負けたくないですね。まずは優勝してみたい」と話していた玉鷲だったが、その夢が叶ったのは2年後——19年の初場所のこと。34歳2ヶ月での初優勝は(年6場所制となった1958年以降)歴代2位の高齢記録となった。夢にまで見た優勝賜杯を抱いたその日、いつも笑顔を絶やさない玉鷲が、初めて大粒の涙を流した。第2子が誕生した日でもあり、「最高です!」と、細い眼をいっそう細め“玉鷲スマイル”を見せていたのを想い出す。

「楽しく相撲を取りたいですね。土俵に上がったらどうせ勝ちか負けのどっちかしかないので。だったら楽しんでやったほうがいいです」

この続きをみるには

この続き: 221文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。