文藝春秋digital記事TOP芥川賞選評

第162回 芥川龍之介賞「選評」

芥川龍之介賞 正賞 時計 副賞 100万円

背高泡立草(せいたかあわだちそう)
すばる10月号 古川真人(ふるかわまこと)


なお、直木三十五賞は、川越宗一「熱源」(文藝春秋)に授賞決定しました。

公益財団法人 日本文学振興会

使用_KCH_6427

芥川賞選考経過

 第162回芥川龍之介賞選考委員会を1月15日午後4時から東京・築地の「新喜楽」で開きました。

画像3

 小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、堀江敏幸、松浦寿輝、宮本輝、山田詠美の8委員が出席(吉田修一委員は欠席)し、2時間に及ぶ討議を行い、頭書の通り授賞を決定しました。

 受賞作以外の候補作は次の4作品でした。

 木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる11月号)、髙尾長良「音に聞く」(文學界9月号)、千葉雅也「デッドライン」(新潮9月号)、乗代雄介「最高の任務」(群像12月号)。

 これらの作品は令和元年6月1日から令和元年11月末日までの6カ月間に発表された諸作品の中から予選通過したものです。

 なお、直木三十五賞の選考経過は「オール讀物」3・4月合併号(2月22日発売)に掲載されます。

画像3

芥川賞選評〈到着順〉

ここから先は、有料コンテンツになります。記事を単品で購入するよりも、月額900円の定期購読マガジン「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」の方がおトクです。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年3月号(2月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き:10,512文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届け...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
7
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。