見出し画像

【83-芸能】【韓流ブームが止まらない】 日韓コラボプロジェクト 「NiziU」大成功を導いたパク・ジニョンって誰?|菅野朋子

文・菅野朋子(ジャーナリスト)

原石だった彼女たち

韓国の音楽プロダクションが手がけた日本人のK-POPガールズグループ「NiziU」の登場は、日本の音楽業界の“地平”を変えることになるのだろうか。

彼女たちの人気は驚くばかり。6月30日に公開されたプレデビューアルバムはすぐにBillboard JAPAN Hot100で2カ月にわたって10位圏内を維持し、YouTubeのミュージックビデオも1億回再生を突破するなど公式デビュー(12月2日)前から異例の大ヒットとなった。

「NiziU」は、日本のソニーミュージックと韓国の大手音楽プロダクション「JYPエンタテインメント」(以下JYP社)が共同で企画した公開オーディション「Nizi(虹)Project」から誕生した。JYP社は韓国の4大音楽プロダクションのひとつで日本でも人気の9人組ガールズグループ「TWICE」や6人組ボーイズグループ「2PM」らが所属する。

「NiziU」は、活動の場は日本がメインだが、JYP社所属アーティストとしてグローバル市場も視野に入れた新しい位置づけのグループだ。

原石だった彼女たちを見出して、一躍時の人となったのが、「Nizi Project」の総合プロデューサー、J.Y. Park(パク・ジニョン)JYP社CCO(クリエイティブ総括責任者、49歳)だ。

オーディションでパク氏が参加者に語りかけた的確なアドバイスや相手を思っての叱咤の言葉は大きな共感を呼び、「先生になってほしい」という10代のみならず、「理想の上司」としてビジネスパーソンの心をも引きつけた。

“永遠のタンタラ”

パク氏は、JYP社代表でありながら、今も現役のアーティストとして活動する、韓国では自他共に認める「永遠のタンタラ」だ。

この続きをみるには

この続き: 1,844文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ピンチをチャンスに変える力――それが「教養」だ! これ1つで、小論文対策をしたい高校生、レポートに困っている大学生、豊富な知識を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。教養人に必須のマガジンです。

【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。