文藝春秋digital
笹川良一 冬場でもきまって水風呂 笹川陽平 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

笹川良一 冬場でもきまって水風呂 笹川陽平 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
“昭和政財界の大物”笹川良一(1899~1995)は、ハンセン病撲滅運動をはじめ、社会貢献活動に人生を捧げたことでも知られる。息子で日本財団会長の笹川陽平氏が、父の生きざまを語る。/文・笹川陽平(日本財団会長)

筆者_笹川陽平

笹川氏

父の衝撃的な映像があります。1983年にネパール山麓のコカナ療養所を訪ねた時のこと。最愛の母親や弟を亡くしても泣かなかった男が、重いハンセン病に苦しむ女性の手を握り、人目もはばからず泣きじゃくっている。父は弱者や困っている人に本当に優しい人でした。

生まれは大阪の豊川村(現箕面市)。小学校の同級生には文豪・川端康成もいた。2人の祖父が碁敵でよく一緒に遊んだそうです。川端もハンセン病への理解があり、北条民雄が自身のハンセン病体験を綴った『いのちの初夜』(1936年)の「文學界」掲載に尽力したそうです。

笹川良一会長

笹川良一

世のため人のために尽くした父でしたから、身内には厳しかった。水道の無駄遣いをするなと、お風呂は必ず2人1組で入る。父は冬場の風呂でもきまって水風呂に入るから、一緒に入る時はつらかった(笑)。

「現場に問題と解決がある」

私の哲学である現場主義は父の生き方そのものでした。

この続きをみるには

この続き: 348文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。