見出し画像

世界経済の革命児 ジャック・ドーシー(ツイッター共同創業者CEO)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ジャック・ドーシー(Jack Patrick Dorsey、ツイッター共同創業者CEO)です。

202008世界経済の革命児顔写真(ジャック・ドーシー)※共同通信フォトから取りました

ジャック・ドーシー

トランプをやり込めるパンクな喧嘩屋

秋の大統領選で再選を目指すドナルド・トランプが、目下、最も目の敵にしている経営者と言えば、この男。ツイッターの創業者で現CEO(最高経営責任者)のジャック・ドーシーだ。

新聞、テレビといった既存メディアを「フェイク・ニュース」と批判するトランプは、自分の考えをツイッターでつぶやく。しかしこの数カ月、お気に入りのツイッターから“猛攻撃”を受けている。

5月26日、トランプが郵便投票の制度について「不正の温床。投票箱が盗まれ、改竄され、投票用紙が違法に印刷される」とつぶやくと、すぐさま、その下にツイッター側から「ファクトを確認してください」という警告文が現れた。

贔屓にしてきたツイッターに手を噛まれたトランプは逆上した。

「保守派を沈黙させようとするソーシャルメディアプラットフォームを規制するか、閉鎖してやる」

トランプ陣営はツイッターでコンテンツ品位管理の責任者ヨエル・ロスについても「左寄りのバイアス(偏向)がある」と批判した。

ドーシーはこれに猛然と反発した。

「会社としての行動の最終的な説明責任は全て私にある。社員を巻き込むな!」

「これからも選挙に関する誤情報について指摘していく。我々は“真実の審判者”になりたいわけではなく、対立する発言を整理して人々の判断を助けたいだけだ」

この続きをみるには

この続き: 1,175文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
11
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。