オヤジの話__改___1_

芦田多恵さんのオヤジの話。

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、芦田多恵さん(ファッションデザイナー)です。

父のいたずら

 父は、心を震わせるものに出逢うと人に伝えずにはいられなかった。

「5分でも良いから、今すぐ来て!」

 何事かと思って行ってみると、そこには目を輝かせる父がいて、

「この絵は素晴らしい! 多恵はどう思う?」

「技術は一生懸命勉強すれば身につく。それよりも感性を磨け」という考えの人だったから、デザイナーとして技術を教えてもらったことは驚くほどない。そのぶん、美術館やギャラリーにはよく連れて行ってくれた。感動すると胸いっぱいになって大騒ぎ。アクティブで、楽しくて子どものように純粋な人だった。

 経営者としての父は「ガミガミオヤジ」。思いついたことはすぐに口に出し、やるとなれば周りを巻き込んで、ものすごいエネルギーと瞬発力で形にしていく。こういう時の父はまるで「台風の目」のようだった。

ここから先は、有料コンテンツになります。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年1月号(12月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 772文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。