同級生交歓|久留米工業高等専門学校 昭和52年卒
見出し画像

同級生交歓|久留米工業高等専門学校 昭和52年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

20210510_.同級生交歓(久留米高専)担当・池内

東京都大田区 安部龍太郎事務所にて(撮影・三宅史郎)

(右から)
東京工業大学教授
熊井真次
作家
安部龍太郎
安部龍太郎事務所代表
森敏彦

国立久留米工業高等専門学校、略して久留米高専が我らの母校である。高校と短大を合わせたような5年間の一貫教育で、学生のタイプは3つに分れた。無事に卒業してエンジニアとして企業に就職する者、高専では飽き足りずに大学に進学して独自の道をめざす者、そして高専教育に馴染めずに低迷する者である。

向かって右側の熊井真次君は2番目で、卒業後に東京工業大学に進学し、教授になった。スペースシャトルでの合金製造実験に参加したほどのスペシャリストで、今でも金属や合金について分らないことがあると教えを受けている。左の森敏彦君とボクは3番目の不届き者。森君が復興した文芸部に作品を発表したことが、作家をめざす第一歩になった。今では事務所の代表となり、辣腕をふるってくれている。(安部)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。