『清六の戦争 ある従軍記者の軌跡』著者・伊藤絵理子さんインタビュー
見出し画像

『清六の戦争 ある従軍記者の軌跡』著者・伊藤絵理子さんインタビュー

伊藤氏 顔写真

伊藤さん

太平洋戦争末期、フィリピンの洞窟で新聞を作り続け、戦火に散った一人の従軍記者がいた。毎日新聞社の前身である東京日日新聞の記者・伊藤清六だ。本書はその人生を、親族であり同業者でもある伊藤絵理子さんが追ったものとなる。

伊藤さんは2005年、毎日新聞社に入社。入社直前に父親から、曾祖父の弟が同社の社員だったと聞かされた。

「経済部などを経て、2011年、資料を管理する情報調査部に配属になりました。部の一角に『本社員顔写真』のキャビネットがあり、父の話をふと思い出したんです。清六さんの写真を見つけた時、目鼻立ちに懐かしさを覚えました」

業務外で時間を見つけては、過去の資料を漁る日々が続いた。故郷・岩手では本人が残した日記や手紙を発見。農村と都市部の格差を綴った文面から、社会問題への熱い思いが伝わってきた。だが取材の過程で、清六が30歳の時、日中戦争に特派員として派遣されていたと知った。南京事件にも居合わせたが、当時の記事は捕虜殺害に触れていない。

この続きをみるには

この続き: 555文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。