見出し画像

短歌|カン・ハンナ


狭き春

自粛して十日目となり日当たりの良い窓際で我を干している

窓開けて換気をすれば隣人のタバコのけむり 世界とつながる

母という語の輪郭は虹のよう離れていればより鮮やかです

どこからが始まりなのか分からないリングドーナツに手を伸ばす 恋

終わらないでほしい恋さえ終わるから終わってほしいコロナも終わる

大雨が小雨になって晴れるまでイチゴを煮込んで春日を流す

ベランダで右へ左へ蒼い波 春を楽しめ、ツルニチニチソウ



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「# みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
18
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。