文藝春秋digital
おそめ 文化人が愛した銀座のマダム 石井妙子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

おそめ 文化人が愛した銀座のマダム 石井妙子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
昭和30~40年代、東京・銀座にバー文化が花開いた。「おそめ」はその象徴的な店だ。石井妙子氏は晩年のおそめ(1923~2012)と交流があった。/文・石井妙子(ノンフィクション作家)

石井妙子氏

石井氏

夜の銀座を作った伝説の女性、おそめこと上羽秀うえばひでが京都でひっそりと暮らしていると噂を耳にし、私は探し訪ねて行った。地味な着物に身を包み、髪を小さく後ろでまとめ、化粧気もない、80歳に近い老女。だが、無心に咲く花のような姿を遠目に捉えた時、私は見とれ、しばらく動くことができなかった。

祇園の人気芸妓であった上羽は、戦後間もなく京都木屋町に小さなバー「おそめ」を開く。カウンターには地元の常連客だけでなく、川端康成、大佛次郎、小津安二郎といった文化人、白洲次郎のような財界人が東京からも寄り集り、彼らに勧められ銀座にも出店。銀座の筆頭格であったバー「エスポワール」のマダム、川辺るみ子と覇を競うと、それをヒントに川口松太郎が小説「夜の蝶」を執筆。さらに名はとどろいた。

上羽は非常に口数が少なく、穏やかで、およそ、「やり手の銀座ママ」のイメージからは、かけ離れていた。酒だけはめっぽう強くて、晩年もオールド・パーの濃い水割りを水代わりに飲んでいたが、酔った姿を私に見せることはなかった。

おそめ1

おそめ

この続きをみるには

この続き: 290文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。