文藝春秋digital
東条英機 軍事官僚の悲劇 辻田真佐憲 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

東条英機 軍事官僚の悲劇 辻田真佐憲 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
首相在任時に太平洋戦争に突入した東条英機(1884~1948)。戦後、絞首刑に処された東条の教訓を辻田真佐憲氏が分析する。/文・辻田真佐憲(評論家)

辻田真佐憲

辻田氏

東条英機の悲劇は、一軍事官僚にすぎなかったにもかかわらず、大東亜戦争の開戦直前に首相に指名されたことで、突如として戦争指導者として振る舞わざるをえなくなったことに求められる。

当時すでに日本は制度疲労を起こしていた。全体を調整できる明治の元勲がいなくなり、優秀だが部分の最適化しかできないエリートが権限や予算の奪い合いに明け暮れていた。

それでも官僚東条は、陸相や内相など要職を兼摂することで、辛うじて制度の枠内で任務を全うしようとした。憲法上の疑義が呈された参謀総長の兼摂についても、当初、参謀本部では参謀肩章をつけ、陸軍省ではそれを外すことで、なんとか理屈をつけようと試みた。

東条英機

東条英機

したがって、東条を教条主義的な役人に喩えるならばともかく、私利私欲にまみれた独裁者と批判することは妥当ではない。それは、独裁者の代名詞たるヒトラーと比較すればよくわかる。ヒトラーは官僚制を徹底的に嫌悪し、むしろそれを骨抜きにすることで、みずからの権力基盤を固めた。対して東条は、サイパン島の陥落後、首相の地位さえ失った。

この続きをみるには

この続き: 308文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。