文藝春秋digital
高血圧症「尿酸値上昇リスクを恐れるな」樂木宏実(大阪大学大学院老年・総合内科学教授)
見出し画像

高血圧症「尿酸値上昇リスクを恐れるな」樂木宏実(大阪大学大学院老年・総合内科学教授)

文藝春秋digital
文・樂木宏実(大阪大学大学院老年・総合内科学教授)

楽木宏美医師

樂木氏

命に直結する重大疾患の入り口

高血圧は「症状」を持ちません。しかし、「高血圧症」というれっきとした病名が与えられており、治療が必要です。なぜなら「血圧が高い」こと自体が、体にとっては異常な状態だからです。自覚症状はなくても、それが異常事態である以上、放置すれば取り返しのつかないことになりかねません。脳卒中や心血管疾患など、命に直結する重大疾患の入り口に高血圧症があるということを、まずは認識してください。

治療の大前提として「塩分控えめ」の食生活を実践することがありますが、ここでは治療に使われる薬について触れていきます。

画像3

高血圧症治療に使われるおもな薬は大きく5つに分類されます。カルシウム拮抗薬アムロジンノルバスクなど)、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB=アジルバオルメテックなど)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬=レニベースタナトリルなど)、サイアザイド系利尿薬(降圧利尿薬=フルイトランナトリックスなど)、そしてベータ遮断薬メインテートアーチストなど)です。

カルシウム拮抗薬は、血管を拡張して血流の抵抗を減らします。血流の抵抗が減れば、それを押し出す心臓の負荷も減り、血圧も下がるというメカニズムです。

ARBとACE阻害薬は類似薬剤です。「アンジオテンシンⅡ」というホルモンがあり、これには全身の動脈を収縮させて血圧を上げる作用があります。ARBはこのホルモンが作用しなくなるように働きかける薬、ACE阻害薬はホルモンの産生そのものを抑える薬です。

サイアザイド系利尿薬は、塩の主成分であるナトリウムを体外に排出する働きがあります。前述のとおり、高血圧症の大きな原因の一つに「塩分の過剰摂取」があります。体内に塩分が溜まり過ぎると、色々な機序で血圧上昇に働くことが研究されています。つまり、この薬はその「過剰な塩分」を尿に排出し、血圧を下げようとしてくれるのです。

そして最後のベータ遮断薬は、交感神経に働きかけて心臓の働きを休ませる作用があります。心臓は自律神経に支配されていますが、自律神経は交感神経と副交感神経に分けられます。この2つの神経はつねにどちらか一方が活発な状態にあって、その時もう1つの神経はおとなしくなります。交感神経が活発な時に人間は活動的になり、副交感神経が活発な時は安静状態になります。多くの場合、高血圧の人の心臓は疲れ気味です。そこでベータ遮断薬を使うことで、必要以上に「頑張らなくていいよ」となだめて、血圧を安定させる仕組みです。

現在日本での高血圧症治療を俯瞰すると、この5つの薬品群の中ではカルシウム拮抗薬が最も多く処方されており、次に多いのがARB、また心臓に基礎疾患がある人はACE阻害薬がよく処方されます。

画像1

尿酸値上昇は効いている証拠

一方でサイアザイド系利尿薬は、全体の1割程度の患者にしか処方されていません。その理由は、副作用にあります。

この続きをみるには

この続き: 1,273文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。