見出し画像

日本の顔 絹谷幸二

文藝春秋digital

画像1

絹谷幸二(きぬたに こうじ・画家)
写真=石川啓次(本社)

今にも飛び出してきそうだ。紅蓮の炎の中、不動明王は憤怒の表情を浮かべ人間の傲慢や不信感から生じる争いに警鐘を鳴らす。絹谷幸二(79)は平和への願いを込めて絵にエネルギーを注入していく。

昨年、文化勲章を受章。長野五輪ポスターの原画、公共建築物の壁画や天井画を数多く制作してきた。奈良・興福寺の畔に生まれ育ち、イタリアでアフレスコ(壁画技法)を体得。近年は仏や神話がモチーフの作品が多い。龍の口から白銀の富士に向かって放たれる「不二法門」は維摩経の教え。水と油、罪と罰、男と女……相反するものは一体であると、双眼でその両面を観察することの大切さを説く。

 青丹よし寧楽なら京師みやこは咲く花の
 にほふがごとく今盛りなり

「万葉集にある、色彩あふれる古都・奈良が私の原風景です。今の日本人はエネルギーが足りない。絵の力で元気になってもらいたい」

画像2

東京都内のアトリエ。ここで長嶋茂雄さんと富士山の油絵を共作。「キャンバスに向かう姿はバッターボックスに立つ姿とそっくり」

この続きをみるには

この続き: 190文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。