コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 まな板の上から考える|中島岳志
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 まな板の上から考える|中島岳志

多くの専門家が指摘しているように、コロナウイルス拡大の背景には、環境破壊の問題がある。行き過ぎた自然破壊によって、これまで接触機会のなかった動物に接近し、ウイルスが人間に引っ越ししているのだ。ウイルスにとって人間は、都合のいい乗り物である。人間は移動し、社交する。そのため自己増殖のチャンスが頻繁に訪れる。私たちは、真剣に環境問題と向き合い、生活様式を見つめ直さなければ、繰り返しパンデミックに襲われるだろう。未知のウイルスが、もう次に控えているのだ。

しかし、環境問題は遠い。アマゾンの森林伐採を見ると「何とかしなければ」と思うものの、どうしても日常から距離がある。問題意識が持続しない。そのような中、繰り返し読んだのが土井善晴『一汁一菜でよいという提案』だった。土井にとって、料理とは自然との交わりである。大切なことは、素材の力に委ねること。混ぜすぎてはいけない。計りすぎてもいけない。力ずくで料理を行うと、自然のおいしさが逃げていく。土井は、「人間業ではない」おいしさを追求する。味噌の中には、すでに生態系がある。ご飯や味噌汁は、「小さな大自然」であり、食事はミクロコスモスを取り込むことで、マクロコスモスとつながる行為である。土井の料理論は、宗教哲学と隣接している。まな板の上から、環境問題を考えたいと思った。

高田宏臣『土中環境』は、土の中に広がる生態系に注目し、近年多発する土砂崩れや土石流の原因に迫る。そして、自然に沿う知恵を身につけた古の行者・修行僧に注目し、人間と自然の関係性に迫る。

外出自粛生活を送る中、何度も頁をめくったのが『熊谷守一 わたしはわたし』だった。熊谷は76歳の時に軽い脳卒中で倒れてから、約20年間、ほとんど外出しなかった。元祖ステイホームと言ってよい存在だ。彼は一日中、庭の草木や虫、動物を観察し、絵を描いた。身近なところに、ポストコロナの価値は存在する。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。