新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『文藝春秋』5月号について|編集長の松井一晃から読者の皆さまにメッセージ

読者の皆さま、こんにちは。文藝春秋編集長の松井一晃です。

4月8日に緊急事態宣言が発令されたのを受け、七都府県の都市部のデパートや商業施設にある多くの大型書店が休業を余儀なくされています。そのため、5月号はいつもよりもお買い求めにくくなっています。ご不便をおかけして申し訳ありません。

しかし、大型書店であっても、東京・新宿の紀伊國屋書店や八重洲ブックセンターの本店のように、自社所有の店舗で営業を続けているところもあります。私の沿線の新宿区中井駅前の伊野尾書店さんのように、本屋の火を消さぬようがんばっている〝街の書店〟もたくさんあります。皆さん、こういう時こそ、お住まいの近くの本屋さんを応援していただけませんでしょうか。

さらに、文藝春秋は主要コンビニエンストア各店でもお買い求めが可能です。Amazon楽天紀伊國屋honto等々、各オンライン書店でも購入できます。

またスマホやタブレットでお読みになりたい方は、電子版(Kindleなど)もございます。こちらも各オンライン書店でお求めになれます。

そして昨年11月にスタートした文藝春秋digitalでも、5月号掲載の特集記事を順次配信していきます。それ以前の特集記事も含めて、月900円で読み放題です。この機会にぜひ購読してみてください。

皆さん、今月も文藝春秋本誌をどうぞ宜しくお願いいたします。

物心ついて最初のテレビの記憶は、『8時だョ!全員集合』でドリフターズとキャンディーズが共演していた場面です。志村けんさんの東村山音頭、特に白鳥の衣装をまとって「イッチョメ、イッチョメ、ワォ!」と歌い踊るくだりが大好きでした――お茶の間に笑いを届け続けた日本最高の喜劇人が、こうも、あっさり逝ってしまうなんて……読者の皆さん、特に高齢者の皆さん、このウイルスを絶対にあまく見てはいけません。

5月号は志村さんのご冥福を祈りながら、前号に続いて、コロナとの戦いの大特集を組みました。

塩野七生さんの「日本人へ」特別編、磯田道史さんの「感染症の日本史」から、小池百合子東京都知事、吉村洋文大阪府知事のインタビュー、武漢でコロナウイルスと闘い続けた女性医師の手記。さらには今後の世界経済の行方を占う小特集「全世界同時不況に備えよ」、自宅で時間を持て余しているであろう小中高生に自らも母である辻村深月さんと綿矢りささんが全力で薦める「極上の12冊」。そして特別読物「志村けん 最後のコメディアン」……。

不安な日々を過ごしておられる皆さんのために、編集部一同、いまできる最高のラインナップを揃えました。今号もすべての記事がお薦めです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
30
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。