「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【インタビュー動画】E・トッド 日本核保有のすすめ 米国の「核の傘」は幻想だ

文藝春秋digital

 文藝春秋5月号に掲載された、世界的な歴史人口学者であるエマニュエル・トッド氏のインタビュー「日本核武装のすすめ」は大きな反響を呼びました。本動画は、3月23日に行われたこのインタビューの一部を映したものです。

《インタビュー動画はこの記事の最下部にあります》

画像1

「我々はすでに第三次世界大戦に突入している」

 動画の中で、トッド氏はこのように発言しています。

「我々はすでに第三次世界大戦に突入していると言えるだろう。ウクライナ軍がアメリカとイギリスによって作られたものだと考えると、ロシアとアメリカによる軍事対立はすでに始まっているからだ」

「核兵器とは、国家が保有するのかしないのかの二択しかないものだ。非核の国が核戦争に巻き込まれ、存続が危機に陥った時に別の核保有国に守られるということはあり得ない」

「自立を選んで核を保有するのか、あるいは…」

「日本にとって、今の状況では再軍備は必要だろう。そしてもし完全な安全を確保したいというのであれば、自国で核兵器を保有するしかない。日本は自立を選んで核兵器を保有するのか、あるいは偶然に身を任せるのか」

「世界の制御に関する西洋の対立において、日本は何をしようとしているのか。そこにはリスクもある。西洋社会がいつも通り勝利する可能性もあるが、同じだけ敗北する可能性だってあるのだ」

 真に日本の国益に叶う選択とは何なのか。トッド氏の提言をぜひお聴きください。

《この下にインタビュー動画が表示されます》

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!