日本の顔|夏井いつき(俳人)
見出し画像

日本の顔|夏井いつき(俳人)

画像1

夏井いつき(なついいつき・俳人)

松山は道後温泉のほど近くに構えられた伊月庵。その扉は、万人に開かれている。庵主である俳人・夏井いつき(63)は、“俳句集団”「いつき組」の組長だ。

「結社ではないから、入るのに特別な資格は必要ありません。『俳句って楽しい!』という人は勝手に名乗って、俳句の種蒔きを手伝ってくれたら嬉しいです」

いつき組を“広場”と称する。

「俳句は気の合う人同士で自由に詠めばいい。組長の私が真ん中の噴水近くにいて、それをたくさんの小さなグループが囲む感じ。バラバラでもいいし、たまに噴水に集まってみんなで遊んでもいいわよね」

2020年は、前代未聞の疫病で誰も想像しなかった1年になった。

俳句を詠むうえで大切なのは、何事も一度は肯定してみることだという夏井。「コロナがなければ生まれなかった」と、ここで一句。

冷房ぬるし銃めく新型体温計

6D1_7514 トリム前

20年続けるラジオの投句コーナーには月数万句が寄せられ、一句一句目を通す。2週間分刷り出すと8.55kgに。「さすがに8kg超えは初めて」

ラジオ_コラージュ

ラジオ収録の様子

この続きをみるには

この続き: 275文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。