新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

平松洋子さんの「今月の必読書」…『もう一つの衣服、ホームウエア 家で着るアパレル史』

もっとも素肌に近いファッションの変遷

トレンドより、着心地のよさ。コロナ禍中、外出がままならず、家にいる時間が増えた。自宅で長く過ごすようになれば、おのずと快適さを意識するようになるのは当然のなりゆきだろう。私にしても、この1年余り、新たに買い求めたのは家で着るものばかりだ。

本書の著者は、世界中のファッション動向を見続けてきたアパレル専門の記者。「ファッションや衣服から見落とされている」衣服として「ホームウェア」を位置づけ、光を当てる。確かに、ファッションの歴史や文化は熱心に語られても、他者の視線が介入しない「ホームウェア」は、可視化されにくい。

家のなかでの衣服は、以前は「スリープウェア」(パジャマや浴衣)、「ナイトウェア」(すっかり死語になったが、ネグリジェ)などのカテゴリーがあった。その枠を崩したのは、1970年、ワコールが名づけて提案した「パーソナルウェア」。これが、自分の時間を気軽に楽しむ「ホームウェア」の先駆けとなり、衣服の快適性とライフスタイルが結びつく。

その足取りを知るにつけ驚かされるのは、プライベートな衣服と社会のありさまが直結しているという事実だ。たとえば、産業構造の変化。企画・製造から販売まで担う製造小売の台頭、カタログやオンラインで行う無店舗販売の増加、販売チャネルを多方向に押し進めるうえでIT産業の発展も大きく関わっている。また、SNSの浸透は、デザイナーはもとよりアパレル関係者と消費者を大きく近づけた、と著者は指摘している。

いっぽう、個人の関心は健康志向を高め続けている。

この続きをみるには

この続き: 595文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。