菊池寛賞発表

浅田次郎さんの菊池寛賞受賞を喜ぶ 阿刀田高「二つの喜び」【全文公開】

20131010BN00070_アーカイブより

阿刀田高氏(作家)

 浅田次郎さん、本当におめでとうございます。心からお喜びを申しあげます。

 浅田さんはいい人です。わがことのように確かなうれしさを覚えています。

 なぜそんなにうれしいのか。やっぱり“良質なエンターテインメントの書き手が日本に実在していること”“津々浦々に伏在している多くの読者に日ごとの楽しみを届けていること”、このすばらしさです。これが高く評価されたことです。長年それを願って来た者としてわがことのように胸が熱くなるのです。

 そして、もう1つ、どう説明したらよいのか……どなたにも経験があるでしょう。毎日の生活の中で、わけもなく、ふと、

 ――なんか、うれしいことあったな――

 と感じ、なにがうれしいのか、あらためて考えて“ラグビーが頑張ったんだ”とか“日本人にまた1人ノーベル賞が出たんだ”とか、他人事なのにほほえましい。あれですね。

 浅田さんには最初の直木賞選考でネガティブな評価をしたり、日本ペンクラブの活動では厄介な仕事を押しつけたり、その他もろもろ、少し借りがあるような気がしていました。今度の受賞でそれが返済されるわけではないけれど、とにかく急に思い出し、ホッとして、ふとうれしいのです。

 いや、いや、小説界の大義こそ喜ぶべきことでしょう。ただそれだけでも、おめでとう、おめでとう、微衷をお察しください。

画像2

浅田次郎氏



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けしま…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
1
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

この記事が入っているマガジン

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。