文藝春秋digital
7/7(木)14:00~|2025 年の「消費者行動・EC市場」予測 ~ D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

7/7(木)14:00~|2025 年の「消費者行動・EC市場」予測 ~ D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~

文藝春秋digital

●企画概要

政府は去る6月1日より、新型コロナウイルスの水際対策を大幅に緩和し、1日当たり1万人の入国者枠を2万人に拡大しました。感染状況が落ち着いている国を中心に、徐々にではありますが、外国人観光客の受け入れが増えていくことで、経済活動の正常化に軸足が動き始めています。こうした中、コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集まっています。消費者とのリアルでの接点が減り、オンラインでのコミュニケーションが進化していく中、オンラインとオフラインを併せたOMO施策により、「探す」という行為から好みに合わせて表示されるものの中から「選ぶ」など、購買体験の高度化も「販路拡大」「売り上げ拡大」と併せて不可欠となってきています。

国内外の人の移動、経済活動が活発化していく中、オンラインでの消費者行動をしっかりと予測し、変化に対応していくことが、今後のビジネス成長のカギを握っているといえるのではないでしょうか。

本カンファレンスでは、2025年の「消費者行動・EC市場」予測をテーマに、消費者行動の変化、EC・D2C の最新トレンド、世界市場への挑戦、デジタル販路拡大の可能性などについて、有識者の講演や、実践企業の経験談を通じ考察をできればと存じます。

デジタル販路拡大カンファレンス(バナー1280×800)

≪プログラム≫

〇田中 道昭氏(立教大学ビジネススクール 教授)
「2025年の消費者行動予測」
~ EC・D2Cの先にある世界 ~

〇立川 哲夫氏(株式会社いつも 執行役員)
「D2C×ECシフト最前線」
~ 2025年のデジタル消費予測とEC販路拡大のために取り組むべきこと ~

〇石附 洋徳氏(カシオ計算機株式会社 執行役員 デジタル統轄部長)
「ユーザーファーストで推進するカシオ流D2C」
~CASIO/G-SHOCKファンが喜ぶ体験を実現するためのEC/D2Cの取り組み~

お申し込みはこちら
https://bunshun.jp/articles/-/54813
----------------------------------------------------------------------

【開催概要】
〇日時 2022年7月7日(木) 14:00~16:00
〇会場 オンラインでのLIVE配信
〇参加対象 企業経営者、経営幹部、経営企画部門、マーケティング部門の部門長など
〇定員 300名
〇参加費 無料(事前登録制)

お申し込みはこちら
https://bunshun.jp/articles/-/54813

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。