片山杜秀さんの「今月の必読書」…『鷹将軍と鶴の味噌汁 江戸の鳥の美食学』菅豊
見出し画像

片山杜秀さんの「今月の必読書」…『鷹将軍と鶴の味噌汁 江戸の鳥の美食学』菅豊

文藝春秋digital

日本人の“鳥肉食文化”の小百科全書

能に『善知鳥』なる演目がある。ウトウと読む。鳥の名という。シテは奥州の外ヶ浜の猟師の亡霊。「善知鳥を獲り続けた罪で、あの世で自分は雉にされ、善知鳥の化けた鷹に狩られている」と語り、地獄の責め苦を見せる。『善知鳥』の物語は文楽や歌舞伎の『奥州安達原』にも応用されている。善知鳥文治という侍が、禁制の鶴を密猟し、酷い目に遭う。

どちらも、殺生を悪とする仏教のおしえを踏まえた、鳥を巡る因果応報譚だろう。そんな物語が、能なら室町時代、文楽や歌舞伎なら江戸時代に作られ、上演され続ける。なぜだろうか。殺生を怖れず、鳥を捕って売って買って食べている人々がいるせいだ。だから、アンチテーゼとしての『善知鳥』のような芸能も貴賤群集の関心を呼ぶのである。

そう、日本人は魚食一辺倒だったのではない。牛や豚を長いことあまり食べなかったのは本当だが、鳥肉はいつも日本の食卓に在った。本書はそんな日本人の“鳥肉食文化”の小百科全書である。鎌倉、室町、江戸。各時代の鳥料理の多彩なレシピまで載っている。池波正太郎もビックリだ。江戸時代の日本橋魚河岸には鳥市場もあった。「かすむ日や目を縫はれたる雁が鳴く」。小林一茶の句である。江戸の鳥問屋では、売り物の鳥が逃げないように、目を縫い閉じていたという。一茶は鳥に同情している。そこまでしても人は鳥を食べたい。18世紀の上方の料理本には、食材となる鳥が91種類も載る。“鳥肉食文化”は奥深い。

この続きをみるには

この続き: 520文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。