藤原正彦「古風堂々」|だまされる数学者
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

藤原正彦「古風堂々」|だまされる数学者

文・藤原正彦(作家・数学者)

世は新型コロナワクチンでもちきりである。中国が有効率78%と喧伝したシノファームやシノバックを接種し、接種率5割を超したモルジブ、バーレーン、チリ、ウルグアイなどでは今も感染の勢いが止まらず、慌てて他のワクチンを打ち直している。中国の統計がほぼ全て虚偽ということを知らなかったのか、知っていても他のものを買う経済力がなかったのだろう。

虚偽は論外だが、メディアや人々が統計数字を正しく理解しているとは限らない。コロナ騒ぎが始まってから連日連夜、感染者数、死亡者数、ワクチンの有効率、接種率、副反応発生率など、統計数字がメディアで踊っている。

半年ほど前、ロサンゼルス・タイムズが「モデルナはアジア系に対し有効率100%」と書いた。モデルナとファイザーの臨床試験に参加したそれぞれ3万人ほどの米国民のうち、アジア系に対してはモデルナの有効率が100%、ファイザーが74.4%だった。そこでアジア系にはモデルナが圧倒的によいとなったらしい。これを冗談あるいはインチキという。参加人数(アジア系が米国民の5.6%位だから恐らく2000人以下)が少なすぎる。感染率そのものが低いのだから、アジア系だけでこの100倍は参加していないと有効率など意味がない。全米4位の発行部数を誇る新聞がこのレベルなのだ。

我が国も似たようなものだ。日本で接種されているワクチンはモデルナとファイザーだが、その副反応が問題となっている。統計では10万回の接種で1.5件ほどの脳血栓などによる死亡例があるという。これがなぜ問題なのかが私には分からない。我が国では脳梗塞で死亡する人が年間6万人ほどいる。計算すると今日接種した高齢者10万人につき1.4人ほどの人が3日以内に脳梗塞で死亡することになる。ただし、ワクチン接種者だけでなく、今日餃子を食べた10万人も、今日豆大福を食べた10万人も、同じ運命なのだ。ワクチン接種後の死亡が副反応によるものとは考えにくい所以だ。

この続きをみるには

この続き: 1,469文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。