宮本顕治 鰻とカップ酒のこだわり 筆坂秀世 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

宮本顕治 鰻とカップ酒のこだわり 筆坂秀世 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
東京帝国大学在学中に文壇に登場した宮本顕治(1908~2007)は、警察の弾圧と戦った共産党の闘士として知られる。元参院議員の筆坂秀世氏がその素顔を明かす。/文・筆坂秀世(元参院議員)

筆坂秀世

筆坂氏

戦前、警察のスパイを査問の末に殺した容疑で逮捕された宮本は、拷問にも黙秘を貫き、終戦まで12年間も口を割らなかった。日本共産党史上、別格のカリスマだ。死に際して保守派の中曽根康弘氏が「敵ながらあっぱれ」と評価したほどである。

資本主義国で21世紀まで共産党が残ったのは日本だけだ。これは「議会で多数派を握り革命を起こす」という、暴力革命を取らない路線を作り上げた宮本さんの功績と言っていい。書記長時代には、岡正芳や不破哲三といった理論派を取り込んで、党の根幹となる61年綱領を練り上げた。冷戦終結などを受け修正はされたが、基本は今も変わらない。

宮本顕治

宮本顕治

私が国会議員秘書をしていた若い頃、宮本指導部からよく「『赤旗』の部数を増やせ」と命じられた。「党員というより新聞拡張員のようだな」とぼやいたものだ。政党助成金や企業献金に頼らずに済むのは、購読料収入のおかげだ。

この続きをみるには

この続き: 382文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。