筒美京平 愚痴めいたお手紙 太田裕美 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

筒美京平 愚痴めいたお手紙 太田裕美 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
「また逢う日まで」「魅せられて」「サザエさん」——。作曲家の筒美京平(1940~2020)は、数多の名曲、ヒット曲を残した。最も多く作品の提供を受けた女性歌手が、太田裕美氏だ。/文・太田裕美(歌手)

語り部・太田裕美

太田さん

お会いするたびに、あれほど緊張した方はいません。感性が研ぎ澄まされていて、こちらの心に隙があると、そこを突かれて「しっかりやりなさい」と言われそうなんです。実際に言われることはないのですが、いつもピシッとした気持ちにさせてくださる方でした。

音楽に対して真摯でプロフェッショナルで、常にアンテナを張り巡らせていました。仕事を離れてお食事をする機会も多かったのですが、世間話をしながらも必ず「最近、どんな音楽が好き? 誰の歌を聴いてるの?」という質問がありました。

私が1982年に仕事をお休みしてニューヨークで充電していた間も、お手紙をやり取りしていました。亡くなったあとに読み返していたら、先生がぼやいている手紙が見つかりました。ちょうどコンピューターサウンドが出てきた頃で、「音楽も時代が変わってきた」と、愚痴めいたことが書いてあったんです。時代の流れの中で、葛藤があった時期だったのかもしれません。そのくらい、流行に敏感でいらしたのでしょう。

筒美京平

筒美京平

この続きをみるには

この続き: 307文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。