新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「泥舟」菅政権 それでも倒閣の動きなし|赤坂太郎

「反・菅」勢力頼みの安倍までが首相支持の奇怪。/文・赤坂太郎

麻生・菅コンビは「縁起が悪い」

5月21日、自民党本部で衆参60人の国会議員が出席し「半導体戦略推進議員連盟」の初会合が開かれた。会長には税調会長の甘利明が座り、安倍晋三と麻生太郎という2人の元首相が最高顧問に就いた。第2次安倍内閣発足以降、この3名と官房長官だった菅義偉は、4人の頭文字から「3A+S」と呼ばれ、長期政権を中枢で支えた。その「3A」が同席したことで、「幹事長の二階俊博に対抗し、安倍・麻生連合で党内の主導権を握る狙いでは?」とマスコミ各社は報じた。

だが、永田町で密かな話題となったのは会合中に起きた些細なハプニングの方だった。「A、A、A。なんとなく政局という顔ぶれだから多くの新聞記者がいるが、期待が外れる」。麻生がいつもの麻生節を披露していたその時、背後の壁に貼られていた、菅の顔写真を配した党のポスターの上部が剥がれ落ち、菅の顔を覆い隠すようにだらりと垂れ下がったのだ。

「本当に縁起が悪い」「政権の現状を象徴するようだ」。会合後、出席者の間でこんなヒソヒソ話が交わされた。

一時持ち直した内閣支持率は、5月に入り再び大きく下落。報道各社の世論調査では軒並み、不支持が支持を大きく上回った。戦略のない場当たり的な新型コロナ対策が露わになり、5月14日には緊急事態宣言の政府案が分科会の専門家らの突き上げにより覆るなど失態を次々と演じている。

だが、縁起云々にとどまらず、自民党の歴史上最悪の出来事を想起したベテラン議員もいた。2009年夏、野党に転落した悪夢の衆院選だ。

前年、早期解散を期待されて首相に就任した麻生は、リーマンショックもあり、ズルズルと衆院選を先延ばしする。当時、選対副委員長として麻生側近だった菅は解散先送りを強く進言し続けた。麻生は解散しないまま翌年7月の東京都議選を迎え敗北。その責任を取って選対委員長を辞任した古賀誠に代わり、菅が事実上の選対責任者として衆院選を取り仕切る。結果、空前の惨敗を喫した。

麻生の背後で菅のポスターが剥がれ落ちたことは、自民党を野党に転落させたA級戦犯が麻生・菅コンビだったことを思い起こさせた。さらに、菅はこのところ政権運営の拠り所を幹事長の二階から副総理の麻生にシフトさせつつある。だが、その2人の組み合わせこそが「縁起が悪い」のだ。

しかも、今の状況は当時と酷似する。菅が期待された昨秋解散を見送り、衆院選は今秋の任期満了近くに行われるのはほぼ確実。直前に東京都議選が控えていることも09年と同じだ。ベテラン議員は「野党に支持が集まっていないので、さすがに政権交代は起きないだろうが、あまりにも状況が似ている」と不安げに語る。

この続きをみるには

この続き: 3,551文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。