日本語探偵 【す】「スピッツさん」から「団体名+さん」を考える|飯間浩明
見出し画像

日本語探偵 【す】「スピッツさん」から「団体名+さん」を考える|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【す】「スピッツさん」から「団体名+さん」を考える

ノンフィクションライターの小泉カツミさんが、ネットの「現代ビジネス」に小事件を報告していました(4月30日付記事)。音楽番組で、女優・歌手の上白石萌歌(かみしらいしもか)さんが、自身もファンであるバンドのスピッツと共演を果たした。上白石さんは〈スピッツは、私にとって神様的存在〉と大喜び。ところが、ネット上では〈スピッツさんじゃねえのかよ〉などと、バンド名に「さん」をつけないことが批判されたというのです。

私は、団体名には「さん」は不要で、どんなに尊敬していても「スピッツ」でいいと思います。ところが、その私も、実際に関係者を目の前にすると「乃木坂46さん」のように言っちゃう。不要だと思うのに「さん」をつけてしまうのは、われながら不可解です。

この「団体名+さん」という言い方は、敬意過剰な最近の日本語を象徴している——などと言えればかっこいい。でも、この言い方が最近広まったものかというと、いささか疑問を持ちます。

この続きをみるには

この続き: 589文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。