見出し画像

梯久美子 川端文学の救い「少年」(川端康成)

文藝春秋digital

川端文学の“救い”

川端康成がガス自殺で命を絶って50年の今春、これまで全集でしか読むことのできなかった『少年』が文庫化されて話題になっている。

この小説を、版元のホームページは「幻のBL作品」としている。BLとはボーイズ・ラブの略で、帯にも「少年愛」の文字が躍る。それは、中学校(旧制)時代、寄宿舎で同室だった清野という下級生との、こんな描写が頻出するためだろう。

〈床に入って、清野の温い腕を取り、胸を抱き、うなじを擁する。清野も夢現《ゆめうつつ》のように私のくびを強く抱いて自分の顔の上にのせる〉〈半時間もこんなありさまがつづく〉

『少年』は、50歳になった川端が、10代から20代にかけて清野について書いた自分の文章を読み返す、という体裁をとっている。ここに引いたのは、中学生だった17歳当時の日記(大正5年12月14日付)で、このほかに高等学校時代に清野にあてた手紙と、大学生だった24歳のとき書いた未発表作「湯ケ島での思い出」が引用される。

高等学校時代の手紙では、清野に次のように語りかけている(この部分は送ることを控えたという)。

〈下級生をあさる上級生の世界の底まで入りたくなかった、あるいは入り得なかった僕は、僕達の世界での最大限度までお前の肉体をたのしみたく、無意識のうちにいろいろと新しい方法を発見した。ああ、この僕の新しい方法を、なんと自然に無邪気に受け入れてくれたお前だったろう〉

大学時代に書いた「湯ケ島での思い出」は、400字詰め107枚の未完の作品で、この前半を書き直したものが『伊豆の踊子』になった。

この続きをみるには

この続き: 735文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。