20151015BN00104_トリム済み

新天皇・雅子皇后の素顔「3番サード、小和田雅子」【全文公開】

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。

文・伊藤修文(元田園調布雙葉学園教諭)

画像1

 中学生時代の雅子さまは、野球好きの同級生たちとのソフトボール部の創設に一生懸命で、毎日のように練習に明け暮れていました。まだ若かった私は部員たちとキャッチボール、バットを手に一人ひとりにノックの嵐! 3番サードの小和田雅子には特別強いボールを打ったり、緩いゴロでダッシュをさせたり……。それに耐えられるだけのガッツあふれる生徒でした。他の生徒もやる気充分、だんだんチームの形が整ってきました。

 しかし、それでも練習試合では勝てません。一度も勝利の喜びを味わうことなく3年生の夏の大会です。1回戦の相手は常勝の強豪チームです。すごいスピードボールのピッチャーでしたが、生徒は果敢に立ち向かいます。試合中に激しい夕立。相手ピッチャーが雨でコントロールを乱したこともあり、強豪チームに勝ってしまいました。

 一度勝つと、あれよあれよと勝ち進み、世田谷区で優勝です。わずか6チームの小さな大会ですが、忘れられない思い出の1ページです。

 そのソフトボール部のOG会にお出ましくださった時、雅子さまもジャージ姿でグラウンドへ、私とキャッチボール。グローブにズシンとボールが響き、中学生の時の小和田雅子がよみがえってきます。親睦会では後輩たちへの自己紹介、「旧姓小和田雅子です」とおっしゃいまして、会場に和やかな笑いがわきました。

 不思議なほど、雅子さまは「小和田雅子」のままなのです。旧友たちも生徒の時のままの会話。どうもお立場を意識しているのは私だけ? 中学生だったみんな、立派な大人になって! それぞれの人生の道を逞しく生きています。でも、あの頃の純真な生徒の心はそのままであることをうれしく実感いたしました。

 短い時間でも、心の底から通じ合う仲間と一緒にいられる。その輪の中に唯一男性の私も加えてもらっているのです。お互い、生きていく勇気と喜びのようなものを戴きながら。

 雅子さまも大切な元生徒、ご健康とお幸せをお祈り申しております。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けしま…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

この記事が入っているマガジン

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。