見出し画像

落合の左足――田中慎弥

文・田中慎弥(作家)

 大谷翔平は、野球選手としては手足が長い。あの長さを急激に伸縮させて走塁や守備をこなすのは、かなり大変なのではなかろうか。競泳とか陸上競技のように、一定の動きだけをずっとくり返す方が向いているように思える。球技において、少なくともケガをしにくいのはずんぐりした体形の選手だろう。

 大谷のバッティングについて、インパクトの瞬間に頬をぷうっと膨らませている、というのを、テレビ番組が肯定的に、というより面白がって伝えていたが、ああやって息を詰めていたのでは力がうまく外へ逃げず、自分の力を自分で吸収することになる。ストロークの時に声を出すテニス選手がいるが、あれは力をきちんと放出するためだと思う。力を出すというのは、力を体の外へうまく逃がす、そして余分な力が入らないようにすることなのではないか。大谷のスイングは野球のバッティングというより、ゴルフのバンカーショットを思わせる。力が体の外へうまく放出されず、自分の力で自分の体がクラッシュしている感じがする。ゴルファーにとってバンカーショットは出来ればやりたくないショットなわけで、競技は違うが大谷はそれを毎打席やっているように見える。長い手足をコントロールするために、体に無理な力がかかっているのではないか、としなくてもいい心配を、野球ファンとしてはしてしまう。

 現役時代の落合博満は逃げ腰で打っていた。普通なら踏み込む筈のピッチャー寄りの左足を、開くというか、引くというか、全然攻撃的でないのだ。神主打法と言われた構え方を含め、ありていに言えばふざけて打っているように見えた。考えてみれば王貞治の一本足打法だって、オリックス時代のイチローの振り子打法だってそうだ。一流のバッターは余分な力を入れず、ここぞというところにのみ力を集中し、その力をうまく外へ逃がす。だから、まるで遊んでいるかのように見える。途轍もない量の練習と集中力が合さると、そうなる。勿論大谷は一流の、というより規格外の選手だが、変な表現をするなら、規格外という枠の中でもがいている感じだ。大谷のやつ、この頃はふざけた打ち方しやがって、というところまで行ければいいし、行けると思う。

ここから先は、有料コンテンツになります。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年1月号(12月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 993文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
10
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。