綿矢りささんが今月買った10冊の本
見出し画像

綿矢りささんが今月買った10冊の本

文藝春秋digital

中華ファンタジーに夢中

『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』は佐藤先生の切れ味の鋭い血気盛んなエッセイ集。『九十歳。何がめでたい』と変わらない威勢の良さだが、戦争への追憶や人間の一生への寂寥感もにじむ。作中に断筆宣言もあり、その理由は当然納得できる内容だったけど、愛読者としてはただたださびしい。読んでいると元気づけられるだけでなく、100年が間近に迫る生のずっしりした荘厳さも感じる作品。

『あなたにオススメの』は2編の短編が収録されているが、どちらもザクザク直接脳に突き刺さるような描写が刺激的だ。奇抜な物語運びで、世の中の深刻な問題にアクセスしているなと感じた。ネットが次々オススメしてくるコンテンツ漬けになった、近未来を生きるオンライン中毒の人々が登場するが、遠い未来ではなく現代人も既にこの感覚に近づいている。現在の自分も、何らかの理由でお気に入りのウェブサイトに飛べないだけでイライラするので、本書の物語設定の遠くて近い視点に不気味なリアルさを感じながら読んだ。

この続きをみるには

この続き: 1,150文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。