見出し画像

詩|三角みづ紀

四月の魚たち

デパートの春売り場が ひしめきあい
あたらしい時間を探している きみが
ぼくが なまぬるい空気のなかで
あけたりしめたりして ここは水槽だ
ぼくたちは、すでに出会っているので
つぎに訪れるものは別れだったりするのだろうか。
ますます口をぱくぱくさせて 酸素を吸って
帰宅したらベッドに横たわり ふたりで沈んでいく
つないだ手からほころびはじめて朝にはほつれてしまう
咲きほこる日常が枯れないように目をひらいたまま眠る

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
10
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。