父との距離感|壇蜜
見出し画像

父との距離感|壇蜜

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、壇蜜さん(タレント・女優)です。

父との距離感

先日、亭主の清野さんと眼鏡を新調しに行った。眼鏡店で検査やフィッティングを行い、最終的に決めた眼鏡をかけて亭主にみせたら、彼はくすくすと笑った。どうしたのかと聞くと、「お父さんが見えるよ」と言った。つまり、眼鏡姿の私に我が父の面影を見たらしい。亭主と父は仲が良く、連絡も取り合うし飲みにも行く。酒の強い父にタジタジになりながらも、上手く関係を作っているようでありがたい。ちなみに「お父さんが見えるよ」と言われたとき、私は心の中でこう返した。「清野さんにもお父さんが見えたから結婚したのだよ」と。

小さい頃から父に似ていると言われてきた。手前味噌ながら母がまあまあの美人の家系なので、何だか「あなたは可愛くない」と間接的に言われているようで納得がいかなかった。しかし、父親に似た方が娘は幸せになれる…とかいうヘンテコなジンクスも囁かれていたため、父親に似たならきっと将来的には幸せになれるんだろうと自分を何とか勇気づけていた。何とか、という時点で父には申し訳ないが。

この続きをみるには

この続き: 488文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。