新型コロナ 重症化を防ぐ「治療法」がわかってきた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナ 重症化を防ぐ「治療法」がわかってきた

この病院では6月以降、死者はゼロ。第一波の時に比べ、なぜ重症患者は減ったのか。その理由を解説する。/文・忽那賢志(国立国際医療研究センター国際感染症対策室医長)

<この記事のポイント>
●治療手順が確立されたことによって、第二波で重症化の数が減った
●「回復者血漿療法」の研究が進んでいる。回復した人に血漿を提供してもらい、患者に投与する治療法のこと
●さまざまな後遺症があることもわかってきた。後遺症だけを見ても、一般のインフルエンザよりも怖い病気

画像1

忽那氏

完全に治る薬がない状況

日本で新型コロナウイルス感染症の患者さんが確認されてから8カ月が経過し、国内の感染者は累計で8万人を超えました。亡くなられた方は1500人を超えています。

現在は、7月にピークを迎えた感染拡大の第2波が終息しつつある状況です。第1波に比べて、第2波は重症者数と死者数がともに減少し、感染被害をほぼ抑え込んだと評価していいと私は見ています。

しかし、秋から冬にかけてどうなるかはわかりません。新型コロナは、気温が高いところより低いところ、湿度が高いところより低いところのほうが、感染が広がりやすいというデータがありますから要注意です。「Go To」キャンペーンが本格的に始まったものの、「外食や旅行に出かけてもいいのだろうか」と判断に迷われる方も多いと思いますが、完全に治る薬がない状況は、半年前と同じですから油断はできません。

私が勤務する国立国際医療研究センター(東京・新宿)は、駒込病院、墨東病院、荏原病院、豊島病院、自衛隊中央病院、聖路加国際病院と並んで、都内で新型コロナの患者さんを受け入れている、大きな病院の一つです。私はその中で国際感染症センターの国際感染症対策室に勤務し、ジカ熱などの感染症を経験してきました。当センターは新型コロナの重症者を比較的多く受け入れ、この8カ月で200人ほどの患者さんを診てきました。

画像2

国立国際医療研究センター

第2波で治療法が確立

私たちが感染者を最初に受け入れたのは、武漢市から政府チャーター機で邦人が帰国した1月下旬のこと。その時は「このウイルスで重症化する人は少ないのではないか」という印象を受けました。基礎疾患のある人が少なく、年齢もみな若かったのでほとんど軽症だったのです。

ただ肺炎のCT画像が特徴的なことが気になりました。胸膜の近くに“すりガラス影”と呼ばれる間質影が出ていました。禍々(まがまが)しい陰影というか、ウイルス感染症の肺炎では見たことがない邪悪な感じのCT所見だったのが印象に残っています。

2月に入ると、横浜港のダイヤモンド・プリンセス号から感染者が搬送されてきて、新型コロナの印象は大きく変わりました。チャーター機の時と違って、高齢の方が次から次へと重症化していく。その状況を目の当たりにして、「これはとんでもない感染症だ」と認識を改めました。過去に経験したエボラ出血熱などの感染症は致死率が高い半面、国内での感染拡大の懸念はそれほどありませんでした。新型コロナは重症度が高いうえに、感染力が強くて広がりやすい。専門医にとっても、まったく未知の感染症でした。

画像4

治療に当たる現場としては、治療法の確立が急務でした。

初期の治療は「カレトラ」という抗HIV薬で行われていました。新型コロナの治療薬が開発されるまでは、既存薬の転用で経過を見るしかありません。このカレトラは3月に治療効果が認められない、という臨床研究の結果が出てしまいます。医療現場はしばらく手探りで、いくつもの治療方法を試すほかありませんでした。

効果的な治療法が見えてきたのは、第2波を経験してからのことです。日本で最初に新型コロナの治療薬に認められたのは、抗ウイルス剤の「レムデシビル」でした。もともとエボラ出血熱の治療薬として開発されたもので、5月上旬に厚労省が緊急承認したおかげで、中等症や重症の患者さんに投与できるようになりました。

レムデシビルがウイルスの増殖を抑える薬であるのに対して、過剰な炎症を抑える薬が「デキサメタゾン」です。厚労省が7月下旬に発表した『新型コロナウイルス感染症診療の手引き(第2.2版)』には、「日本国内で承認されている医薬品」として、副腎皮質ステロイド薬のデキサメタゾンも追加されました。重症化を抑え、致死率を下げる効果が試験で確認されたためです。

レムデシビルとデキサメタゾンの併用は、現時点での治療方法としてほぼ確立しています。この2つに加え、抗凝固薬の「ヘパリン」を併用するケースもあります。新型コロナの中等症、重症には血液の凝固異常が起こることもあるので、それを抑えるための薬です。

画像3

感染者を多数受け入れた

6月以降は死者ゼロ

この続きをみるには

この続き: 5,028文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。