見出し画像

【大江千里・特別手記】コロナワクチン「副反応」僕は意識を失った

呼吸が苦しく、黒目が動かない。2度のワクチン接種後、いったい何が起きたか──。アメリカ・ニューヨーク在住のジャズピアニスト・大江千里さんが、自身の新型コロナワクチン接種体験を寄稿した。

アー写①(トビラ使用分)

大江氏

「これは効くな」

1月9日。僕は右手の肩の筋肉の間に出来た脂肪腫の治療について友人の医者に電話で相談していた。痛みは減ってきていたがセカンドオピニオンが欲しかった。彼はそれについての意見を僕に伝え、「それはそうとワクチンは打ちましたか?」と尋ねた。

コロナワクチンだ。彼の勤める病院では、医療従事者は全員ワクチンを受けたらしい。副反応が取りざたされていますが如何でしたか? そう単刀直入に尋ねると、「2回目の時は熱は出ましたがそんなにひどくはならなかった。それより……」。それより? 「長年の医者の勘ですが、体に入った時にこれは効くなっていう感覚がありましたね」。

科学の世界の最前線で生きる彼の口からこのフレーズを聞いた時僕は衝撃を受けた。NYにはいつワクチンが届くのか。ニュースでは配布の順番がフェイズ1、つまり、まだ65歳以上や医療関係者の段階で、僕たち健康成人まで回ってくるのはいつになることやら、といった感じだった。

電話を切るとたまたま手元のスマホが鳴った。NY市からのコロナワクチン開始と接種希望者募集のお知らせだった。スマホのショートメール(アメリカではテキストという)に602692を入れてCOVIDと入力すると市からコビッド関係のニュースが逐一送られてくる。

え? 用心深く開封すると「ワクチンに関する情報」が開示されていた。今話してたばかりだったので、すぐさまクリックしてサイトに入ると、いくつかの質問があり、それにYes/Noで答える形で進むと、モデルナ、ファイザーのワクチンの選択質問。予めモデルナにデフォルトでチェックが入っていたので、そのままにして進むと、日にちを選ぶページがあり、半信半疑で翌日の12時20分を指定したら予約が取れた。試しに12時半を開けると既に満杯。じゃあ12時は? 見ていくうちに、みるみる予約が埋まっていくのがわかった。本気で受けるのであれば今すぐやらないと取れなくなると直感で思い、僕は科学の力を信じる方へ足を踏み出した。

僕の職業はフェイズ1Aの医療関係者などではないし、年齢もまだ60歳なので、なぜ取れたのか本当の理由はわからないが、現実に受付を受理された。

(大江氏撮影)一回目、会場の様子

会場となった小学校体育館(筆者提供)

コール&レスポンス

この続きをみるには

この続き: 6,556文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
25
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。