佐久間文子さんの「今月の必読書」…『喰うか喰われるか 私の山口組体験』
見出し画像

佐久間文子さんの「今月の必読書」…『喰うか喰われるか 私の山口組体験』

日本最大の暴力団との生々しい記録

タイトルの「喰うか喰われるか」は、もののたとえなどではない。

ジャーナリストである著者が、半世紀にわたり取材してきたのが山口組だ。本書は、日本最大の暴力団を相手どり、あるときは喰い、あるときは喰われ、自身や家族を傷つけられても一歩もひかなかったギリギリの攻防の記録で、収支報告書でもある。面白くならないはずがない。

もともとヤクザに興味を持っていたわけではなかった。「アサヒ芸能」の新米記者として取材したのが始まりで、新創刊の月刊誌の目玉企画のために作家の卵の山口組取材に同行し、結局、自分で原稿を書くことになった。このときの記事をもとに書いた最初の本『血と抗争』が1968年、三一書房から出版される。『血と抗争』はロングセラーになり、印税総額は「700万円から800万円」、山口組から反撃を受けることもなく、「山口組を食い物にできた」。

原稿料や印税が具体的に書かれているのが出版文化史的にも興味深い。山口組の記事には読者のマーケットがあり、第一人者である著者のスポーツ紙連載に400字1枚1万5000円の原稿料を提示されたという。破格だが、取材とトラブル処理の難しさを考えれば、それぐらいもらわなければ割に合わない。

この続きをみるには

この続き: 577文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。