見出し画像

世界経済の革命児 ゴー・ハップジン|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ゴー・ハップジン(Goh Hup Jin、ウットラムグループ総帥)です。

使用ー202004 世界経済の革命児顔写真(ゴーハップジン)※時事通信から撮りました ートリミング済み

ゴー・ハップジン

日本企業を塗り替える「アジアの塗料王」

「アジアの塗料王」は日本人より日本の企業社会を知っている。シンガポール最大の塗料メーカー、ウットラムグループの総帥、ゴー・ハップジンが、日本の老舗企業を着々と改造している。

2019年1月、ハップジンは経済産業省と大げんかをして産業革新投資機構(JIC)社長を辞任した田中正明をシンガポールに招き、新造クルーザーの上でこう言った。

「日本ペイントの株主価値を最大化し、世界一の塗料メーカーにしてください」

日本人経営者の中でずば抜けてグローバルなセンスを持つ男が素浪人になった瞬間を見逃さなかった。

田中は歯に衣着せぬ物言いで、「ケンカ正(まさ)」の異名を取る。米国の銀行のトップを務めたこともあり、日本のバンカーには珍しく、米欧の金融機関とも太い人脈を持つ。請われてJICの社長になったが、経産省主導の「計画経済」を是とする人々とことごとく意見が対立し、数カ月で辞任した。ハップジンはその田中をウットラム傘下の日本ペイントホールディングスの会長に据え、今年1月からは社長CEO(最高経営責任者)を兼任させた。

元日産会長のカルロス・ゴーン、鴻海(ホンハイ)精密工業前会長のテリー・ゴーと似た名前を持つゴー・ハップジンは、さしずめ、「静かなるゴーン」だ。

ウットラムとハップジンの名前が日本で知られるようになったのは2013年1月。それまでは14%だった日本ペイントへの出資比率を45%に引き上げる提案をし、「すわ乗っ取りか」と騒ぎになった。

この続きをみるには

この続き: 1,132文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。