石原裕次郎 いつも何かに耐えていた 石原良純 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

石原裕次郎 いつも何かに耐えていた 石原良純 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
昭和の大スター石原裕次郎は1987年、52歳の若さで逝った。甥の石原良純氏は、晩年の裕次郎から“男の生き様”を学んだという。/文・石原良純(俳優)

石原良純(語り手)

石原さん

太陽のように輝き、朗らかに笑い、豪胆に酒を飲む——。

皆がイメージするこんな「裕ちゃん」を僕は見ていません。甥と叔父という関係よりも、僕が入った石原プロの社長と言った方がしっくりきます。そして、僕が見た石原裕次郎の姿は、いつも何かに耐えているような、どこか影のある印象でした。

社長が晩年、病気療養のためにハワイの別荘に滞在しているとき、家族を代表してお見舞いに行ったことがあります。太陽が燦燦と照り付けるワイアラエのビーチに佇むコテージ。そのプールサイドからは長い砂浜が見えるのですが、真っ黒に日焼けした石原裕次郎は、そこで1日中何もせずに座っていました。

やがて自分に死をもたらすであろう病を抱え、じっと耐えている時間。言葉をかけることもできず、僕はただそれを見ているだけでした。

石原裕次郎

石原裕次郎

この続きをみるには

この続き: 420文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。