文藝春秋digital
100年後まで読み継ぎたい100冊 本郷恵子「未完の日本中世史」
見出し画像

100年後まで読み継ぎたい100冊 本郷恵子「未完の日本中世史」

文藝春秋digital
文・本郷恵子(東大史料編纂所教授)

未完の日本中世史

今年のお題はなかなか難儀である。気になる本はたくさんあるが、個人的な思い入れの深いものを選んだ。

『無縁・公界・楽』は、支配と隷属が基本原則であるかに見えていた日本の中世社会の中に、自由な空間、無縁の原理を見出した。1978年の刊行で、その翌年に大学に入って歴史学研究をかじり始めた私は、いろいろな先生が興奮気味に、この本に言及するのを聞いた。一方で、本書はあくまでも高度経済成長からバブルに向かう時代の産物だったと思う。今日の私たちにとって「自由」は全面的に肯定できる概念ではなく、保護を受けられない不安と表裏一体のものだ。「網野善彦」は、日本中世史という分野の知名度を飛躍的に高めたが、それに続く世代に大きな課題を残した。網野史学を超えたところに広がるはずの風景は、まだ焦点を結んでいない。

この続きをみるには

この続き: 429文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。