長谷川町子 サザエさんに似ている 川口淳二 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

長谷川町子 サザエさんに似ている 川口淳二 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
日本初の女性漫画家で、国民栄誉賞を受賞した「サザエさん」の作者、長谷川町子(1920~1992)。姉妹社の社員として長年仕えた長谷川町子美術館館長の川口淳二氏が、その素顔を語る。/文・川口淳二(長谷川町子美術館館長)

町子先生に最初にお会いしたのは姉妹社の面接です。「何でもやる?」と聞かれ、「はい! 何でもやります!」と答えて採用になりました。

自宅敷地内の社宅に住み、荷物の運搬から町子先生とご家族の運転手、庭の雑草取りやおつかいまで、まさに“何でも”やりました。社員というより、時代劇に出てくる奉公人(笑)。社員7人の中で私が一番若かったこともあり、時々食事に連れていってくださるなど、随分可愛がっていただきました。

“シャイ”といわれることが多い町子先生ですが、私から見るとサザエさんに似ています。ドライブがお好きで、青山通りですべての信号が青になった瞬間に「川口くん、今だ、行け~!」と嬉しそうにおっしゃるお茶目な面もありました。

長谷川町子

長谷川町子

この続きをみるには

この続き: 401文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。